アパレルをはじめとする大手・中堅企業の「ビジネスのプロ」とクリエイション企業である「ものづくりのプロ」が出会うことで新たなビジネスモデルを創出しませんか?
私たちは日本のアパレル産業発展のため、「JAFIC PLATFORM」を運営しています。

現在のクリエイター登録数75

現在の企業登録数99

19ss展示会訪問レポート No.01_KÄÄPIÖ

2018.09.08


大島郁がデザイナーを務めるニットブランド、KÄÄPIÖ(カピエ)。

今季は「スポーティ・シック」をテーマに、1枚でさらっと着ても様になるワンピース、フード付きパーカー、カジュアルにもシックにも着こなせるスカートなどのアイテムを展開した。

ニットブランドデザイナーならではのこだわりから生まれるアイテムは、糸や編み方、異素材の組み合わせで様々な表情を見せる。今回のコレクションでは、動きで2色が見え隠れするスカートや肌が透けるほどのシアーニット、立体的なシルエットのシンプルなカットソーなど、女性が実際に着る事で完成する大人なアイテムが揃っている。

ニットの可能性を広げていくKÄÄPIÖのもの作りに、今後もぜひ注目して欲しい。


--------------------

KÄÄPIÖ (カピエ)/デザイナー:大島郁

セントラルセントマーティンズ芸術大学テキスタイル学科卒業後、NYへ渡米。パーソンズ芸術大学大学院ファッション学科に在学し、卒業コレクションをロロビアーナ社のスポンサーのもと、2012年にNYファッションウィークで発表。在学中からDiane Von Furstenbergで経験を積み、卒業後はRalph Lauren Black Labelのデザイナーとして活動。

2014 日本に帰国後、KÄÄPIÖを立ち上げる。

2015 公益財団法人日本服飾文化振興財団が主宰する第1回「平成二十六年度服飾デザイナー助成制度」に選出

2016 株式会社花王、「エマール」のテレビCMに起用される

2017 Tokyo新人デザイナーファッション大賞プロ部門入賞

KÄÄPIÖのコレクション発表以外にも、様々な企業とのコラボレーションも行っている。


HP:https://kaapio.com

ページのトップへ